脱毛の自己処理方法は大きく分けて4つあります。
それは色を薄くする、溶かす、抜く、剃る事です。
この4つのメリットとデメリットをご紹介します。

色を染める
皮膚から上に出ている部分の毛を、色を染めて目立たなくさせます。
痛みは伴わないが、毛が伸びると不自然になり、人によっては皮膚がかぶれる事もあります。

溶かす
皮膚から上に伸びてる毛を薬品を使って溶かす方法です。
痛みは伴わなく、何処でも使えます。
しかし、時間をかける割には長持ちしない事や、人によってはかぶれを起こします。

抜く
毛を根元部分から引き抜く為、綺麗な仕上がりになります。
しかし、痛みを伴い、途中で毛が切れたり、生える最中で毛が皮膚から出ない事もあります。

剃る
皮膚から伸びている毛を断切する方法で、全ての箇所に使用出来ます。
しかし、直ぐに毛が生えてしまい長続きがしなく、毛の切断面が大きいので、ポツポツと目立ってしまいます。

また、断切最中に、皮膚を切ってしまう恐れもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です